誰でも聞いたことのあるこの言葉・・・「減塩」

実は、ただ単に塩を減らすことは間違ってるんですね!

「良い塩」は体に必要な成分であり、良い塩を摂ることで病気を予防し健康を保てるのです。

私もこのことに以前に気づいてから、積極的に良質の自然塩を摂るようにしています。

「良い塩」と書きましたが、その名の通り「良い塩」「悪い塩」があります。摂ることをやめなければならないのは「悪い塩」の方。では、良い塩と悪い塩はどう違うのか見ていきます♪

IMG_20150629_221136

(私の家にあるヒマラヤ岩塩たち☆バリ島の海塩もあります)
 

良い塩と悪い塩の違い

悪い塩とは

まず「悪い塩」とされているのは、精製加工された、純粋な自然の塩ではない塩です。

JTの塩、かつての専売公社が売っていた塩がこれになります。こちらは加工精製され「塩化ナトリウム」だけが取り出されて作られてた化学精製塩で、塩というよりも化学食品。

この化学精製塩を摂ることで、高血圧になったり、病気を引き起こすことになってしまうんです。

参考:現役医師のサイト
「悪い塩を良い塩に変えると、多くの病が良くなる理由」

そのようなミネラルが、塩の専売制により、摂取できなくなったのです。そして、私達の生活に、ミネラル不足を招き、がんや高血圧といった多くの病気を引き起こしたのです。(あくまで、原因の1つです。)

塩化ナトリウムの塊である精製塩を例にとると、塩化ナトリウム以外の「体に必要なミネラル」が、体の外にでていってしまうのです。同時に、本来の塩からとれるミネラルをとる機会を逸します。

塩化ナトリウムの塊である精製塩をとることは、さらにミネラル不足を加速させるのです。その結果、体の中のミネラルバランスがくずれ、多くの病気を引き起こします。

良い塩とは

積極的に摂らなければいけない良い塩とは、上記の精製塩ではなく、各種のミネラルが含まれた良質の自然塩です。

化学精製されていない本来の自然の塩は、塩化ナトリウムだけでなく、塩化マグネシウム、硫酸マグネシウム、硫酸カルシウム、塩化カリウムなど複数のミネラルを含みます。

ミネラルの塊ーこれが様々な病気を予防するんですね!

上記医師の方の言葉だと、良い塩=「バランスのよいミネラルで構成された塩」

私もこのことを以前に知り意識して、店で普通に売ってる大袋の塩ではなく海塩や岩塩を摂ることをずっと続けていました。体にいいだけでなく、料理そのものも美味しくいただけるようになりました。
 

良い塩を摂らなくなると、様々な症状に見舞われる

悪い塩ではなく、良い塩を減塩してしまうと、悪影響が表れることがわかっています。

自然治癒力の低下
集中力の低下
冷え性の加速
体がだるくなる
脳の鈍化・ボケの加速
おとなしくなりすぎる
アレルギーの増加
ガンや奇形の増加
病原菌に弱くなる

など

また、日本では大々的に減塩が言われて長くたちますが、高血圧の人が減った気配はありません。そもそも年を取ってから高血圧になるのは自然な現象という指摘もありますし、そもそも塩分と因果関係があるのはそのうちのごく一部であるという見方もあります(塩分由来以外の原因説)。

参考:
「高血圧に減塩」は嘘
減塩は万病の元
減塩が進むことによって起こる症状
 

良質な天然塩の種類

自然塩の中にも、岩塩や海塩などいろいろありますが、どれが一番いいのでしょうか。それぞれの特徴を見ていきます。

大まかに分けて以下3つの種類、さらにカッコ内に記した製法の違いがあります。

  • 海塩(天日海塩、釜焚き海塩、イオン膜塩)
  • 岩塩(天日岩塩、釜焚き岩塩、粉砕岩塩)
  • 湖塩(天日湖塩、釜焚き湖塩)

海塩の特徴

その名のとおり海水から取れた塩で、ミネラルが豊富に含まれています。「良い塩」とされているのは一般的に海塩となります。岩塩よりも豊富にミネラル分を含んでいると言われています。主に以下の成分が含まれています。

ナトリウム
カリウム
マグネシウム
カルシウム

マンガン

岩塩の特徴

pinksalt数十億年前などの太古の昔に海水が陸に閉じ込められ、水分が蒸発して結晶化し、その後また長い年月をかけて堆積して固まったものです。含まれている成分は、岩塩の種類や地層によって違うようです。

岩塩の店によっては、成分分析表を提示した上で上記海塩と類似のミネラル分数種が含まれるとうたわれている所も数々あれば、岩塩は塩化ナトリウムだけの地層で千数百メートルにもなり、各種ミネラル分も各地層に分かれているので数々のミネラル分をバランス良く採掘することは不可能という指摘もあります。

参考:岩塩って、ミネラル分が豊富?

地層により異なるのであれば、ミネラル分が複数含まれた地層でなければ意味がなくなりますし、純度の塩化ナトリウムが大部分を占めるというのが本当であれば、元専売公社の精製塩となんら代わりがないことになるからです。

いろいろ調べた結果、岩塩の中でも「ヒマラヤ岩塩」は、量こそ違えど各種ミネラル分を含むということが分析でも明らかになっているようです。

ヒマラヤ岩塩成分表のページにもあるよう、ミネラル分は以下のよう確かに含まれているようです。海塩と同じミネラル分が含まれています。

ナトリウム
カリウム
カルシウム

マグネシウム
マンガン

・・・というわけで、食用ヒマラヤ岩塩ならばミネラル分も含まれてると理解して良さそうです!

(お風呂用など、食用ではない岩塩が「塩化ナトリウムが大半」のものかもしれませんね)

湖塩

これはボリビアのウユニ塩湖やモンゴルの湖やパタゴニア塩坑や死海などでとれる塩です。

元々は海水だった湖の塩ですが、湖塩になるまでの道のりは場所によって様々なため、一概にその成分を定義することは出来ないとされています。
 

それぞれの自然塩に含まれている成分の効能

上記それぞれの塩に含まれている成分自体の効能としては、以下のとおりです。

ナトリウム 日射病予防 胃酸分泌促進
カルシウム 肩こり・イライラ解消・骨粗しょう症予防
ケイ素 結合組織を強化
マグネシウム 精神安定・心臓の筋肉の安定
カリウム 腎臓の老廃物排出の補助
病気に対する抵抗力

また、以下の作用もあるとされています。

  • 抗酸化作用(還元力)がある
  • 活性酸素を抑える効能があるとされています。

  • マイナスイオンを放出する
  • 細胞の活性化を促進し、自己治癒力を高める効果を持つとされています。

  • ミネラルを吸収できる
  • 身体の機能調節や維持に働き、生命活動を助けるとされています。

悪い塩を摂るのを止め、良質の自然塩を積極的に取り入れていきたいものです☆
 

手作業で採取された良質の自然塩各種

前出の医師の方がおすすめしているのは、以下、沖縄の粟国村で手作業で作られた塩です。工程の写真を見てわかるとおり、1つ1つ丁寧に手作業でされています。

以下も評判の良い海塩、ベトナム産の海水100%天日塩です。

湖塩の一種で評判が高いのが、アルゼンチンのパタゴニア塩坑で採取されたパタゴニアソルトです。

以下は私も愛用しているバリ島の海塩。

ヒマラヤ岩塩はお料理にもいいです♪