こんにちは^^管理人Junnaです。私は、海外在住だった時に炭水化物をほとんど取らず健康的に良いバランスで痩せていることができていました。

しかし日本に来て、米や麺などを多く摂り始めて炭水化物過多になっていることに気づき、あわせて体重も劇的に増加してしまいました。

そこで最近、昔の低炭水化物生活を思い出し、再び実行することに決めました!

スポンサードリンク

 

外食をする時に思ったのですが、外食だと炭水化物を避けることはほとんど不可能な状況であることに気がつきました。サラダや単品にする等できなくはないですが、あらためて巷には炭水化物で溢れていることを思わされます。

というわけで外食だと少し難しいので、自炊で徹底して炭水化物を減らすことにしました。

低炭水化物食(ローカーボ・ノーカーボ食)、糖質制限のメリットは、ダイエット以外にもいくつもあることがわかりました。以下ブログで筆者の方が感じたというメリットについて抜粋します。

【糖質制限】ダイエット効果だけじゃない! 実践してわかった“スゴいメリット”5

1. 昼食後に眠くならない、車の運転で眠くならない

 ー糖質制限は消化に悪い炭水化物を食べなくて済む
 ー糖質制限は血糖値の上下動をおさえられる

2. 睡眠時間が少なくても平気になった

3. 冷え性が改善した

4. 低血糖症(たぶん)の症状が出なくなった

5. 二日酔いになりにくくなった

炭水化物をあまり取らない生活で健康的に痩せられたのは、私自身の体験からも確信しました。しかし日本に来ると、手に入る食材や日本で作ることができるおかずのスタイルを取ると、どうしても炭水化物過多になってしまうのです。

特に日本式の食事では「ごはん+おかず」で常に米飯がセットになってしまっています。またはうどん、そば、パスタなどの麺類だったり。

そこで海外在住時のスタイルに戻すことを意識し、主に自宅自炊時に穀物を排除することにしました。経過はまたこちらで報告します。

1日目のローカーボフード。カラフル温野菜、鶏肉のグリルwithヒマラヤ岩塩&ブラックペッパーです♪

DSCN0028-2